赤ん坊連れのフライトはバシネット予約がおすすめ

赤ん坊を連れての初めてのフライトの行先は、もちろん日本!子供は生後12か月の頃でした。1歳になる頃ですね。

 

その時に利用したのがANAさんで、以来ずっとANAさんを利用させてもらっているのですが、乗務員さん方は本当に親切で気が利くと思います。

 

他の航空会社を子供と一緒に利用したことがないから一番だとは言い切れないけど、とにかく毎回気持ちの良い対応をしてくださるので、利用し続けています。

 

幸運にも、シカゴの国際空港まで何とか車で行ける距離なので、いつもシカゴからの直行便です。

 

他の飛行機にもあると思いますが、ANAの国際線では、エコノミークラスの最前列の壁部分に赤ちゃん用のベッド、いわゆるバシネットの装着が可能になっています。体重制限がありますが、生後だいたい1年くらいまではOKだと思います。

 

バシケット

 

チケットを取るとき、最前列は事前予約できない席になっているので、オンラインでチケットを取るときには適当な席を予約、もしくは席はとらないで予約を完了し、その後コールセンターへ電話して事情を話し、一番前の席を予約します。

 

オフシーズンなら平気だと思いますが、混雑シーズンは事前に電話で最前列の空きを確認してから予約するといいと思います。

 

そのまま電話でチケット取ることも可能ですが、実は、電話でのチケット予約は手数料がかかります。25ドルくらいだったかな?結構しますよね。だから事前に電話で問い合わせて、空きがあれば一旦電話を切ってネットで予約してからまた電話し、席を確保するといいです。面倒ですが、ANA
のコールセンターは実に気持ちの良い対応をしてくれるし、日本語ももちろんOKなので、私は全然苦になりません。これがアメリカの航空会社だったら絶対やりたくないけど(苦)。

 

 

 

赤ちゃんにとって初めてのフライトだし、私たち夫婦にとっても赤ちゃん連れでは初めてのフライトって事で、日本人の血が騒いですごい入念な準備をしましたが、その中でも「これはやって良かったかな」と思うのは、

 

・離陸と着陸の際に何か飲ませるようにしたこと(耳の不快感予防)
・新しいおもちゃを2,3個持って臨んだこと
・寝るときに必ず手に持つぬいぐるみも一緒に持ちこんだこと
・赤ちゃん用スナックを持っていったこと

 

でしょうか〜・・・

 

定番抱っこ紐ですが、うちは最初から持って行きませんでした。というのも、そもそも子供があまり抱っこ紐が好きではないのもあったし、それに、混雑しているフライトの中での脱着は不便だと思ったので。

 

それに加えて夫がいたので、疲れたら交代で抱っこすれば何とかなると思ったのです。空港の移動用には、ベビーカーを持って行きました。

 

さて、離陸と着陸の際ですが、耳の不快感がありますよね。

 

大人だったら何か飲み物を飲んだり飴をなめたり、それこそ即席でつばを飲み込んだって解消できますが、赤ちゃんはそんなことできません。

 

うちは、耳の不快感があったかどうかは分からないけど、子供には離陸と着陸の前にはミルクを与えず、最中にゴクゴク飲ませました。お蔭様で、耳の不快感があったかどうかは分からないけど、泣くこともなく上手く離陸と着陸には成功したのです。

 

これが2歳や3歳のときは、お茶だったり飲むゼリー(ゆるいもの)だったりスナックだったり・・・とにかく何かを与えていました。

 

5歳でのフライトの時は、何もしませんでした。何か訴えてきたらその時は水や飴でも与えればと考えていたけど、不快感は無かったようです。

 

話は戻りますが、準備万端で臨んだフライトでしたが、「子供が寝ない」というアクシデントに見舞われ、私と夫は一睡もできずに13時間を過ごすことになりました。しかも夜のフライトだったので、体は本当にきつかったです。

 

不幸中の幸い(?)で、子供が号泣するということはありませんでした。バシネットに寝てくれたけど、20〜30分おきに目が覚めて「ふにゃ」っと泣く感じでした。それでもそれをなだめるのに私と夫は必至でした。

 

だけど実は、夫は先にアメリカに戻る予定だったので、帰りは私と子供だけでした。

 

日本滞在中、このことだけが不安で不安でどうしようもなかったです。。夫が一足先に戻った後も、何度不安を口にしたか・・・。

 

が、

 

そんな不安は無駄なもので、帰りのフライトでは、何と8時間ほどストレートでバシネットの中で寝ていてくれた我が子!

 

「生きてる??」と私がバシネットを数回覗くくらいの静けさで。

 

最初の親孝行か?と思うほど、リラックスしたフライトでした。夫もビックリ。

 

今思うだけでも、クレイジーで愚かな選択をしたなというのは、行きのフライトがクリスマス前という超混雑フライトだったこと。

 

混雑を避けるならクリスマス後のお正月直前の方がマシだったろうに。私何考えてたんだろ〜(汗)。

 

夫が休暇だったから一緒に行ける、ってのが要因だったのかな。

 

赤ちゃんや小さな子連れでのフライトは、夜便の方が寝る時間に合わせられていい、と言いますが、一日に何時間も寝る赤ちゃんの場合は昼夜関係ないと思いました。

 

何が大切か、と聞かれれば、私は絶対に、「時期選び」と言います。

 

アメリカからの日本行きは夜の便の方が比較的空いていることは事実です。

 

だけど、時期が混雑時期であれば、夜便だって混んでいます。

 

混雑シーズンさえ外してフライトすれば、昼便でも夜便でもそんなに混んでいないし、その分ゴミゴミした空港を避けられる上に飛行機内でも周りに気を遣う頻度が低くなります。

 

これが、これから赤ちゃん連れでフライトをする方への唯一のアドバイスですね。

 

ちなみに私と子供は、その後子供の学校が始まるまで、1月中旬、2月、4月、5月(GW明けと下旬)にフライトを経験しましたが、これらの月は混雑時期とは比べものにならないほど空いていました。5月に利用した夜便なんて空席だらけで、二人で4席並びの列を悠々と利用できてしまった程です。

 

学校が始まっている今は、夏休みしかチャンスがありません。フライトは混んでいるけど、子供はもう手がかからないので、混雑していても大丈夫です!成長したな〜〜

 

 

バシケット