美白成分「トラネキサム酸」とは?

目の下や両頬などに出来る肝斑という女性にだけ表面化するシミは、特に出産後や更年期などによく出てくるのですが、
原因は、エストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる女性の体内に存在するホルモンバランスが崩れる事によって起こります。
はっきりとしたシミではなく、どちらかというと薄く顔の左右同時に出てくることが肝斑の特徴で紫外線や加齢が原因のシミとは違って、取り除くことが難しいと言われています。
現在では、美容成分のトラネキサム酸が肝斑に対して有効であることがわかり、化粧品などに配合されるようになりました。
トラネキサム酸は、元々は止血剤として使われており、それ以外にも炎症の抑制や止血といった働きをするため、歯槽膿漏などの歯茎の炎症にも有効で歯磨き粉にも含まれています。
極度に酷い肝斑が出て来た場合は、皮膚科にてトラネキサム酸が配合されている治療薬を処方されることがありますが、まずはシミがどの種類なのかをきちんと調べなければ、内服しても効果はありません。
ただし、トラネキサム酸は止血剤の一種で血液の流れを固める働きがあるため、血栓症などの持病がある方は、内臓疾患を引き起こすリスクが高まりますから内服には十分注意しなければなりません。通販などでもトラネキサム酸が配合されている化粧品を誰でも購入することは可能ですが、まずは1週間などお試しのタイプからスタートすると良いでしょう。
大手メーカーでは資生堂ベネフィークメラノフォーカスなどがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る