美白成分「ルシノール」とは?

日本の化粧品であるポーラが約10年間を費やして独自開発した美容成分をルシノールといいますが、厚生省からは1998年に認可され、現在ではその成分の知名度や肌への効果も認知されています。

ルシノールはシベリア地域のモミから抽出し、4-n-ブチルレゾルシノールという表示でシミを除去する美白化粧品として販売されていることが多いです。
ルシノールの働きで特筆すべき点は、メラニンをロックしてシミを根絶する作用が高いというものですが、通常、肌が紫外線を浴びると、細胞の中に存在するメラノサイトにはチロシンと酵素のチロシナーゼという物質が生まれ、それが結合した際に、肌が墨を吐いた様にメラニン色素が出来てしまいます。

チロシンとチロシナーゼは、まるで鍵と鍵穴のようにお互いにに結びつきやすい構造と形を持っているのですが、ルシノールはチロチンの代わりに鍵となって、チロシナーゼと即座に結合し、メラニン色素を出さないようにします。
また、ルシノールは同じような働きをする美容成分のアルブチンとは違ってごく少量でも酵素であるチロシナーゼと結びつき、その効果はアルブチンの数万倍とも言われています。
さらに、肌への負担もごく少量で、美白化粧品でありながws000243ら安全性も非常に高いと言われています。

 

口コミで有名なルシノールが配合されている美白化粧品と言えば、POLAのホワイティシモ、ホワイトショットなどですが、早ければ翌日からシミを除去する効果があると言われています。
ポーラ ホワイトショット

関連記事

ページ上部へ戻る