危険な美白成分「ロドデノール」~カネボウ化粧品のあのトラブル

ここ最近大きく取りざたされている社会問題と言えば、美白化粧品による、まだらに肌が白くなる健康被害があります。
現在までに判明している事実は、花王のグループ企業のカネボウが発売している化粧品の成分が、肌に何らかの影響を与えているという事です。成分の名はロドデノールという美白成分で、
その商品を長期間に渡って使い続けると、肌の一部分が白くなってまだらに肌の色が変化すると報告されています。
肌を白くしたい、シミを消したいと思って美白化粧品を購入したのにも関わらず逆に肌の健康を損なうばかりか、トラブルが大きく出ている人は、常に肌を隠さなければならないようで、大変嘆かわしい事件に発展していることが伺えます。
しかし、カネボウ製品だけではなく、他社製品でも化粧品による副作用が出ないとは言い切れないようです。
今回の肌がまだらになる症状を解明するために、日本皮膚科学会はロドデノールを含有する化粧品を研究解明する会を発足しました。ロドデノールは白樺の樹脂などに多く含まれている成分を、カネボウが独自に開発した美白成分ですが、現在では他社でもロドデノールを含む化粧品を発売しているのです。

ロドデノールの働きですが、メラニンが生成する時に出現する、酵素のチロシナーゼの動きを阻害しシミを作らないというものです。
ただし、使い続けると副作用として肌がまだらに白くなってしまうことが明らかになったため、現在カネボウではロドデネールが配合されている化粧品の全てを回収し、販売を中止しています。
もし自宅に同商品をお持ちの場合は念のため、使用を控えた方が懸命でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る