美白成分「ハイドロキノン」とは?

私たちが生活する上でどうしても避けられないことが、紫外線を浴びるということです。

ですから、いくら日焼け止めを塗ったり素肌が出ない様な服装を心がけても紫外線が肌の中のメラノサイトを攻撃しますし、その中の細胞を守ろうとしてスミを吐いた状態になるのがシミと言われています。
今は表面に出ていなくても、肌の真皮というところにシミの予備軍が出来ていると少しずつターンオーバーを繰り返しながら表面に出てきます。

美容成分であるハイドロキノンは、この真皮に現れるシミの予備軍を阻止する働きがあるため、将来的に目に見えるシミを作らせない効果があります。
平成12年までは、ハイドロキノンは医師の処方の元のみ扱われていましたが、

化粧品の規制緩和があり、肌に負担や副作用のない低密度のハイドロキノンならば、消費者が処方箋無しで、化粧品としていつでも購入出来るようになりました。

ハイドロキノンはベリー類などに含まれる天然成分で、シミの元が含まれている細胞を消去する働きがありますが、
もしも高濃度で使用した場合、その強力な働きが肌に炎症を起こさせたり、赤みが出てしまうため、もしハイドロキノン入りの化粧品を選ぶならば必ず低濃度かどうかを確認しましょう。
ハイドロキノン入り化粧品で有名なブランドは、ドクターズコスメであるアンプルールなどがありますが、敏感肌の方やアレルギー肌の方は、手の甲や首などでパッチテストを繰り返して使用することをお勧めします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る