美白成分「アルブチン」とは?

肌に浮き上がってきたシミはとても気になりますし、なんとか無くしたいと思い悩みます。
女性はもちろんですが、近頃では男性でも肌を気にかける人が増えて来ており、ニキビやシミを気にして美白化粧品に興味があるようです。
美白成分の中でもアルブチン入りの化粧品が今注目を集めています。

アルブチンは、ハイドロキノンと呼ばれる美白成分にブドウ糖が結びついたもので、梨やウワウルシ、ベリーなどに含まれる天然成分で、αアルブチン、βアルブチンの2種類に分類されます。
肌の内部に働きかけ、シミの生成時に必要なチロシナーゼを抑制する効果があると言われておりシミが大きくなったり、濃くなったりするのを防ぎます。
最近になってβアルブチンよりもαアルブチンのほうが、およそ10倍以上もの美白効果があると言われており、αアルブチンを含む化粧品が増える傾向にあります。
一方で合成されたアルブチンは肌に強力に働きかけてしまい、肌にトラブルを起こしやすいため、市販の化粧品を購入する際には必ず使用前には肌テストをしたほうが懸命でしょう。
αアルブチン配合の化粧品はDHCのFエッセンス、アルソア化粧品のヌクォルセルエッセンス、βアルブチン配合は、ちふれの美白美容液W、オルビスのエクセレントホワイトエッセンスなどがあります。
これから過ごしやすい季節になると、例年沢山のメーカーから発売されますが、肌タイプによっては強力に作用したり、逆に効果が出ない場合もありますので、実際肌に付けてみたり口コミを参考にして購入しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る